笑顔の男の人

老人ホームの入居手続きで活用出来る|効率よくスムーズに入居

個人情報を保護する

手

介護伝送ソフトの運営会社の取り組み

介護伝送ソフトは介護保険の請求の時に使われたりしますが、その介護伝送ソフトを作っている運営会社の最近の取り組みとしては個人情報の保護に力を入れています。この介護業界というものは、特に個人情報は非常に重要なものであり、個人の住所だけでなく身体状況や家族関係なども情報として取り扱うこともある為デリケートなものとなってます。その為、とくに個人情報保護は意識して取り組まなければいけないものであり、それは介護伝送ソフトを作っている運営会社も同じです。介護伝送ソフトを販売している国保連では、個人情報保護の取り組みとしては、プライバシーポリシーを作り利用目的などを明示するなどして、それらの個人情報の保護に取り組んでいます。

その伝送ソフトを使いたい方は

居宅介護支援事業所をオープンさせて、そこで介護伝送ソフトを使う予定の方は、その導入をしなければなりません。導入方法は国民健康保険中央会のサイトにアクセスし、そのカテゴリーの中から介護伝送ソフトのリンクをたどって、介護伝送ソフトを利用するための申込書から手続きをする事で可能になります。伝送ソフトは2種類ありますが、居宅介護支援事業所などの場合は、介護事業者向けの最新のソフトウェアを選択して手続きを済ませましょう。申し込み方法については説明が載っていますので、それを良く読んだ上で手続きの際に不備が内容チェックし、申請すると後日ダウンロードパッケージが入ったCDが入手できます。送られてきたCDを手に入れたら、それを通常のパソコンにインストールするようにドライブに入れて、インストールすれば使えるようになります。